消費者金融の審査 嘘は絶対バレるので要注意

消費者金融の審査 嘘は絶対バレるので要注意

消費者金融の審査 嘘は絶対バレるので要注意

消費者金融でお金を借りる場合、申込みフォームの記載内容は非常に多岐にわたります。たくさんの項目にきちんと正確に記入しないと、借り入れの申込みはできないというわけです。

初めて消費者金融でお金を借りる方には関係ないかもしれませんが、現在も金を借りているという方にとっては、現在の借入件数や借入金額を嘘をつかずにきちんと正確に書くことは非常に重要です。

とにかく審査に通りたいと思うと、現在の借入件数や借入金額などは少なく申告してしまうものですが、大手の消費者金融はもちろん、中堅の消費者金融で借り入れを申し込む場合でも、この嘘は簡単にバレてしまいます。

いくら柔軟審査を売りにしている中堅消費者金融でも、大手と同様にクレジットの個人信用情報はきちんと把握しています。把握した上で自動審査だけでなく、自分たちの融資の判断を入れることで柔軟審査を行っているのです。

しかしここで嘘をついていると、柔軟に審査をしてくれるところでも、嘘をつくような人にお金を貸したいと思うでしょうか。

残念ながら、柔軟審査を行う中堅消費者金融では、その人の人間性のようなところも加味して審査の判断をしていますから、嘘をつくと著しく審査で不利になります。

嘘の記載は必ずバレてしまいます。どうしても必要な時にお金が借りられなくなってしまってはいけませんので、くれぐれも注意してください。

お金を借りるには?記事一覧

消費者金融に借金しててもお金借りれますか?
消費者金融に借金しててもお金借りれますか?審査に通過できるなら借りれる金融はありますが、多重債務になる危険もあり注意が必要です。
消費者金融の審査 嘘は絶対バレるので要注意
消費者金融の審査で嘘の記載は必ずバレてしまいます。どうしても必要な時にお金が借りられなくなってしまってはいけませんので、くれぐれも注意してください
消費者金融でお金借りると住宅ローンが組めないの?
ご主人が消費者金融でお金を借りている場合、住宅ローンが組めない場合があります。